×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第三回富士山自転車登山(御殿場口 失敗)

時期 2005年9月第3週

今年は2週間もの長い山行を達成し御殿場口も登りきれるだろうと自信をもって出発。装備も思い切ってテントや調理道具を持って行き重装備に。 家から国道1号、246号を通っていつもの富士山の登りに入り御殿場口へ。

一年ぶりの御殿場口

夕方の富士山

登山口で持ってきた調理器具で暖かい夕食を作る。食べ終えるとすぐに就寝。明日に備える。

二日目

なかなか眠れず、2時間も寝坊してしまった。急いで準備を整え午前3時に出発。スタートしすぐに荷物が重すぎることに気がつく。荷物は自転車と合わせて30kgを軽く超えている。親知らずまでの登山でちょっと過信していた。 重さはまだなんとかなるが肩が痛くてしょうがない。

ちょっとこれはまずいかも…。

肩の痛さに20mほど進むごとに自転車を降ろす。そんな亀のようなスピードで登る。朝になり快晴で景色は最高だったがもう肩が痛くてしょうがない。いつもより重いためいつもより砂に足をとられる。

朝を迎えようやく二ッ塚と同じ高度

天気は快晴

休憩中。どんどん休憩の回数が多くなる。

山中湖

なんとか5合目付近まで行くももうこれ以上進めない。しばらく休憩し下山開始。天気が最高なだけに残念。今日の山頂からの景色は最高だろうなぁ。ここまでで昨日4L持ってきた水もほとんど飲んでしまった。

山頂はまだまだ上

ここまでで終了。

果てしないジグザグ道
クリックで大きな画像

再び山中湖

中央に御殿場口の駐車場。そしてそこへと続く果てしないジグザグ道
クリックで大きな画像

これを全部背負っていくのはかなり無理があったと反省。

下山はいつも通りあっという間。ほとんど自動のような感じでするする降りていく。御殿場に下った後籠坂峠を越え山中湖に行き道志みちを経由して帰宅。道志みちは山伏峠を越えた後は長い下りだが神奈川に入る辺りにアップダウンが多く結構きつかった。

御殿場口は10月初旬にも挑戦しましたが登山口で一睡もできずに登り始めたら案の定途中で猛烈な眠気に襲われ断念。いまだ登頂できてません。

御殿場登山口からの富士山
10月に登山したときの写真。
クリックで大きな画像

登山topへ