×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東日本自転車旅行

15日目 小樽〜札幌 晴

4時に蚊に起こされ目が覚める。PAを出て銭函までは民家が少ないところを通る。小樽と札幌は市街が繋がっていると思っていたので意外だった。

銭函を越えると市街地の中に入っていく。高速道路と合流し陸橋から札幌中心部が見えた。人口190万近くの日本第5の都市だが高い建物は札幌駅ビルと、琴似の高層マンションぐらいで仙台の方が大都市に見えた。

琴似へと続く線路

しかし札幌駅は新しく非常に大きな駅だった。大丸やビッグカメラが駅ビルに入っており、地下街も広い。南口からつづく道には大きなデパートや銀行だらけ。大通り公園の先にもそのようなエリアが続き国道36号線とぶつかるところからはススキ野歓楽街。中心部の広さは仙台よりも遥かに大きい。やっぱり日本第5の都市だ。ただテレビ塔は東京タワーを見慣れている身としては小さっ!と思ってしまった。

札幌駅ビル

大丸

南口駅前東側

札幌ではエアマットと、タイヤを買い換えるためにアウトドア店と自転車屋を探す。がこれがなかなか見つからない。派出所で二回ほど聞いてようやく札幌駅北口側に秀岳荘というアウトドア店に行きエアマットを買い換える。さらにそこで付近にスポーツサイクルを扱う自転車屋がないか聞き北大近くのお店を教えてもらった。お店でタイヤを買い近くの公園で交換。ひさしぶりだったので交換に1時間ぐらいかかってしまった。でも札幌は住所が南何条西何丁目となっているので非常に分かりやすくていい。地図を見なくても目的地にたどり着くことができる。

札幌には松屋があった。仙台からずっと松屋を見ていなかったので感動。松屋のカレーはやっぱり安くておいしい。

その後札幌市街を夜の10時近くまで(計12時間)探索。やっぱり大都市はおもしろい。札幌駅の前にいると自転車の人が声をかけてきた。こんな夜に自転車乗りの人がいるなんてめずらしい。その人はもう何回も自転車で北海道に来ているらしく、自転車ツーリングの人は札幌をパスしてしまう人が多いみたいでしかも夜に走る人なんてめったにいないそうだ。そういや札幌1日歩き回って自転車はおろかライダーもいなかった。お互い夜走るのっていいですよね。などと意見があった。

これからどこで寝るのか?と聞かれネットカフェに行くつもりというとそれならいいところがあるからそこにいこうということになりいっしょに琴似駅前のネットカフェへ。そこはシャワーもマッサージチェアもあって1500円。非常に快適だった。

寝る前に音楽を聞こうと思ったらMP3プレーヤーが壊れたみたいで動かない。ショック。仕方ないのでそのまま就寝。

朝里PA〜札幌〜琴似のネットカフェ

走行距離 58.3km
平均時速 13km
総走行距離 1568.9km

前の日へ 次の日へ