×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東日本自転車旅行

41日目 札幌〜支笏湖〜喜茂別〜倶知安 晴れ

札幌を離れ支笏湖へ。真駒内を過ぎ自転車道を走る。が、支笏湖への道がきつかった。最高点は標高500m程度なのになかなか高度が上がらない。それでいて坂は急。しかも自転車道とは名ばかりでただの歩道という感じ。支笏湖って札幌から近くて遠い。 支笏湖は透明度で有名な湖。たしかに透き通っていたがそれほどでもなかった。 モラップキャンプ場を越え支笏湖トンネルを抜けるとまた上り開始。美笛峠、広島峠を越えるがこの辺りの路肩は荒れていてパンクしそう。案の定喜茂別の手前でパンク発生。最後のチューブを交換。そしてパンクと共に体も燃料切れ。その後10qほどであったコンビニで昼飯を食べた。もう午後6時だけど。 札幌の郊外から支笏湖を経て喜茂別まで100qに渡って全くコンビニがなかった。というより家がない。支笏湖温泉のところに集落があるだけ。あとは全部山の中。札幌のすぐ近くにこんな所があるなんて思わなかった。

それと途中の道の駅フォーレスト276大滝のグランドピアノの自動演奏が流れる一億円のトイレに入ったがどうせ一億円使うならもっといい使い道があるのでは…

豊平川から中島公園方面の市街

支笏湖から樽前山

恵庭岳

支笏湖の澄んだ湖面

喜茂別のコンビにで遅いお昼をとっているとまたまた知床であったスーパーカブの人に再会。よく会うなぁ。 それから倶知安の旭ヶ丘公園のキャンプ場に行きテントを張った。キャンプ場に居た人と竈の火で暖まった。この季節に火の前に集まって暖まるなんて関東では考えられないな。

札幌〜支笏湖〜喜茂別〜倶知安〜旭ヶ丘公園キャンプ場

走行距離 141.1km
平均時速 16.6km
総走行距離 3660.3km

前の日へ 次の日へ