×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東日本自転車旅行

25日目 鴛泊〜礼文香深〜船泊 くもり

昨日は夜に激しい夕立があった。朝一の礼文行きのフェリーに乗るためにすぐに撤収作業。 荷物をまとめてトイレに行き戻ってくるとカラスに荷物が突かれていた。またカラスにやられた。礼文に来て毎日やられている。 テントに着けておくナンバープレートを管理人さんに返そうとするとナンバープレートがどこにも見当たらないことに気づいた。 テントを出して探すも見つからない。船の時刻も迫っているし。結局見つからず管理人さんに謝って出発することに。

急いでフェリー乗り場に行きすぐに出港。一時間ほどで礼文の香深についた。香深にあるセイコーマートで昼ごはん。ついでにセイコーマートカードを作った。発行のためにサインすると店員さんに達筆ですね。と言われた。字をうまいと褒められたのは高校の文化祭で露店ののれんを極太の筆で書いたとき以来だ。下手と上手いは紙一重なんだなぁ。(笑)

香深は礼文島の南にありそこから北にある船泊に向かう。道は海沿いの一本道で陸側には民家、そのすぐ裏に丘があるという景色がずっとつづく。平地がないため信号がまったくなかった。

船泊にある久種湖畔キャンプ場につきテントを設営。久種湖は日本最北端の湖。ここのキャンプ場は1サイト600円だったがホッケがついてきた。荷物を降ろして礼文島の最北端、スコトン岬に向かう。道を観光バスがやたら通っていく。 スコトン岬につくと観光バスがひっきりなしにきて観光客だらけ。雰囲気はよさそうなところなんだけど。

スコトン岬へと続く道

スコトン岬

礼文は花と丘の島。内陸はずうっとなだらかな丘が続く。


澄海岬の入り江

丘の上から見た船泊の町とキャンプ場
右に見えるのが久種湖。左は海。
クリックで拡大

その後澄海岬にも行きキャンプ場に戻る。礼文はどこも観光客が多かった。キャンプ場の近くの丘に登った後、貰ったホッケを割り箸で支えながら直火焼きし食べた。

利尻ゆーりキャンプ場〜礼文香深〜船泊〜スコトン岬〜澄海岬〜船泊久種湖畔キャンプ場

走行距離 43.1km
平均時速 16.9km
総走行距離 2240.3km

前の日へ 次の日へ