×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東日本自転車旅行

44日目 森田〜深浦〜十二湖〜能代〜大潟〜秋田 晴

朝から大間越街道をまっすぐ進む。鯵ヶ沢のマックスバリュで朝食をとる。鯵ヶ沢を過ぎると海沿いを走り道幅が狭くなる。五能線と平行して日本海沿いを走る景色の綺麗な道。 途中にある千畳敷海岸で1時間ぐらい潮溜まりの魚を見たりしてゆっくりした。

途中にある千畳敷海岸

五能線沿いの道は旅情がある良い道で景色は最高なんだけどアップダウンが非常に多い。しかもギヤを一番軽くしないと登れないほどの上り。下りも急。高低差は20mぐらいだが峠よりもきつい。汗が大量に出る。深浦を過ぎ十二湖までそんな道が続く。途中コンビニはなかったがマックスバリュが3店舗ほどあり休憩しながら進んだ。

沢辺あたりから白神山地の山々が見えてくる。世界遺産だからかもしれないがどことなく神聖に見える。といっても霞がかっていてよく見えないけど。

霞がかる白神山地の山並み

白神につき十二湖への道を行く。この道は急登だと聞いていたが最初の2kmほどは傾斜が緩く楽な道。なんだたいしたこと無いじゃんなんて思っていたらバス停を過ぎたところからきつい急登に変わる。道もカーブばかり。速度が5kmほどしかでない。カーブばかりでバスも通るので こんな速度でふらふらしていたら危ないと途中に自転車をおいて歩くことにした。しかし少し歩くとすぐに駐車場についてしまった。自転車をおいてきたことを後悔。

十二湖へ続く道。急登急カーブが続く

十二湖で一番有名な青池は十二湖の最奥にあるのでここからはたくさんの池を見ながら道沿いを上る。途中の池はそれほど大したことはなかった。そして小一時間ほど歩き青池へ。すぐ隣の池は濁った普通の池という感じだがこの青池だけは深いブルー。底に沈んだ木が綺麗。ただ水面に落ち葉が多くあまり深く見渡せなかった。

青池
 クリックで大きな画像

青池を見た後はブナ林を散策。木漏れ日が気持ちいいまさに森林浴という感じの道。歩いていて本当にリラックスした感じ。ずっと歩いていたい気分になった。そして沸壷池に到着。それほど大したことない池だと思ったらすごい透明度!しかも池の右側と左側で色が違う。30分ぐらいずっと見てしまった。青池よりもはるかに綺麗な池だと思う。

ブナ林を歩く
 クリックで大きな画像

沸壷池 
底まできれいに見える。
クリックで大きな画像

沸壷池
 クリックで大きな画像

沸壷池
 クリックで大きな画像

その後日本キャニオンにも行ったがこちらはそれほど大したことはなかった。 でも結局十二湖には3時間ぐらいもいてしまった。

十二湖を離れ日本海沿いをまっすぐ進む。だんだんきついアップダウンはなくなってきた。秋田県に入り八森を過ぎると平地の道になった。峰浜をすぎ能代へ到着。能代は思っていたよりも大きな街。中心部も道幅が広く走りやすい。イオンの大きな店が3店舗もあった。そろそろ夕暮れだがここまできたら大潟の南の池公園キャンプ場まで行っちゃえと決めてペースを上げる。

十二湖方面を振り返る

大潟に入ると暗くなってくる。ここから先は北海道級の一直線道路。田んぼ中の道だが道沿いは林になっており左右は見えない。 ついに真っ暗になるもたまにある交差点に街灯があるだけ。そんな道を早くキャンプ場に着きたい一心で35km出して飛ばす。15kmほど走り温泉がある建物が見えてきてキャンプ場も近くだろうと思ったが見当たらない。というかその建物以外に明かりがない。地図で確認しようするが自転車を停めるとものすごい数の虫がライトに集まってくる。とても地図が見られたもんじゃない。一刻も早く大潟を抜け出し明かりのある国道に逃げることを決意。

真っ暗の県道298号線をひたすら走る。果てしないぐらいの直線道路。そして虫の雨。顔に虫が当たりまくる。たまーにある街灯にものすごい量の虫が群がっている。まるで虫の嵐だ。車がたまに通り過ぎるがヘッドライトが道の先で止まって見える。それほどまっすぐな道が続く。 車の中の人はこんな夜にこんなところを走っている自転車を見てどう思っているだろう。 いままで夜の道は楽しかったが今回ばかりは早くこの真っ暗な直線が終わって明かりのあるところに出たいという思いでいっぱいだった。

結局キャンプ場付近からさらに20km以上走りようやく街灯のある橋に到達。明かりがあるそれだけでものすごくうれしい。そして橋の対岸には市街地の明かりが。逆の今来た方向は恐ろしいぐらい真っ暗。市街地に入り最初にあったコンビニで休憩。ほっとした。

大潟は昔日本で2番目に大きかった湖、八郎潟を人間の手で埋め立てて作った干拓地だがその広大さを体で実感した。道が果てしなく続くほどの広さの面積をよく人手で埋め立てたと思う。でももう走りたくない。

大潟の広さを実感してみたいという人は夜に自転車で大潟の道を走るといいかもしれないですよ。オススメはしませんが(笑)

奥羽線沿線を走り道の駅昭和で寝ようと国道7号線に出たがなぜか見あたらない。しかたなく国道7号線を秋田まで行くことに。土崎までくると秋田のランドマークセリオンが見えてきた。ライトアップされてクリスタルタワーみたいだ。この時点で夜の12時。港近くの公園のベンチで野宿。が蚊が多くて寝られない。おまけにものすごい暑さ。ベンチ前にテントを張って蚊をしのぎ暑さを我慢して寝たが今度は警官が来て職務質問をされた。そのあとようやく就寝。

道の駅森田〜深浦〜十二湖〜能代〜大潟〜土崎の公園

走行距離 183.5km
平均時速 17.9km
総走行距離 4104.0km

前の日へ 次の日へ